修理のススメ

住まいの困ったを良かったに! 簡単修理で快適な毎日を!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

使いやすさを 図面で想像し 考える

みなさん、こんにちは 

ウォーターショップヒラオカの 平岡jr.です

さて 本日も 引き続き 草戸町M様邸の

『水廻り改修工事の図面解説編』です

まずは 現場調査

現状の不満や 改修後の理想を聞き取り

寸法や写真をとり 現状の図面を おこします

そして 現状の問題点を 考慮しながら プランを設計していきます

現状の問題点を 3つほど 頂きました
①お婆ちゃんが 調子が悪い時 車イスでの移動になる
②洗面脱衣室やお風呂が 狭く 使い勝手が悪い
③現在ガスコンロ、ガス給湯器である為 留守をする時に心配

現状図
現状がなぜ 問題なのかを 考えてみましょう
問題① 車イスで 廊下からアプローチした場合
    ↑、←、↑ このように 3回、車イスの方向を 90度
    限られたスペースで 変えなければなりません。

問題② 敷地いっぱいに 建物が建築してある場合
    『限られたスペース』を 上手に利用しなければ なりません。
    その為に 現在使用していない部屋を 利用する事も 考えなければなりません。

問題③ 安全性を 考慮するならば
    火を熱源としない 電気という考えもあります。
    オール電化契約することで ランニングコストも大幅に削減できます。

1 036
洗面脱衣室前より撮影
手すりが 廊下の幅を 狭くしていますね
建具も開き戸で 開ける際 一旦後方に下がる必要があります
さらには敷居の 段差を越え 右に曲がって ようやくトイレへ・・・
これでは トイレに行くのも一苦労

以上の ポイントを踏まえ プランを作成します

現状図

改修後
最大の決め手は ユニットバスの位置です

現在では使用していない 『物置スペース』を利用

そうする事で 全ての部屋が 

『限られたスペース』から『ゆとりのスペース』に変わりますね

トイレへの アプローチは 廊下からの動線と

トイレ内での 動線を考慮し 室内でも用意に 方向転換できるようにしました

洗面脱衣室も ゆったり広いので 家事室としても利用可能

プレゼンボード
同時に プレゼンボードを作成

見積りや図面では 分かりにくい所も 分かりやすくなりますね

現調 → 見積り・図面作成 → プランの選定 → 契約 → 着工

上記のような 流れとなります

天気や 他の工事とのカラミで 工程表通りには 行きませんでしたが

工期は なんとか守れたので ホッとしました

今度は 『実際使用してみて~実録!取材編~』を お送りしますので

お楽しみに



修理 リフォーム エコポイントの事も 

ご要望の際は・・・

ウォーターショップヒラオカ に ぜひご相談下さい
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiraoka1010.blog31.fc2.com/tb.php/38-aff66f2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。